メニュー

ベッドコントロールによる増収プログラム - 医療,病院,コンサルティング,株式会社サイプレス

ベッドコントロールによる増収プログラム

ベッドコントロールによる増収プログラム

pa1-b.png

 

病院収益のメインとなるのは入院収入ですが、2025年の病床機能分化を目指した医療行政の中では、従来のように、ただベッドを埋めていさえすれば、利益を確保できる時代ではなくなりました。看護必要度や疾患別の在院日数、日々の医療資源投入量など、実際の治療内容データを基に、その病床機能に即した患者層であるかどうかを見極め、退院・転棟(転院)等のベッドコントロールが求められるようになっています。 こうした診療データに基づく新たなベッドコントロールでの運用を構築し支援を行うのが、このベッドコントロールによる増収プログラムとなります。

目的

第一フェーズ診療データを基にしたベッドコントロールシステムの構築と運用の実行支援
第二フェーズ病床稼働が最大化になるための診療科別・疾患別での病床活用の見直し(病床再編)

実施内容

  • 日々の病棟別・疾患別での稼働状況、入退院予定を把握できる管理ツールを活用したモニタリングの導入~定着
  • DPC期間別、病棟別での患者構成分析から、目標設定によるベッドコントロール運用体制の構築
  • 長期入院患者への対策検討と実行支援
  • 入院~退院に関わる業務フローの(PFM)の導入支援

推進体制

モニタリングデータや、ベッドコントロールの活動状況から、課題を抽出し、関連部署との対策検討・改善策の実行支援

評価/承認

導入当初の基準値、目標設定に対する到達度を測定し、病院の評価/承認を得たものを実質の改善成果として算出。

効果保証

改善成果がお約束した金額を上回ることを保証いたします。

改善金額がお約束した金額に満たない場合、その未達成金額の比率に応じてコンサルティング費用の返金を保証しています。

Copyright © 株式会社サイプレス All Rights Reserved.[login]