メニュー

集患対策、地域医療連携支援 - 医療,病院,コンサルティング,株式会社サイプレス

集患対策、地域医療連携支援

集患対策、地域医療連携支援

hand

 

地域医療連携システムの構築とは、「病病間・病診間のスムーズな紹介・逆紹介による患者の流れを作ること」なのです。

・地域の医療機関からの紹介がなかなか増えない。減っている。

・長期入院患者の退院が遅い。進まない。

・地域医療連携室の人員が少ない。退院支援介入のできない患者が多い。

こういった病院経営者の悩みとニーズに応えるため、地域医療連携室の機能強化と連携先との連携強化を支援するのが、この集患対策、地域医療連携支援プログラムです。

目的

  • 紹介と逆紹介患者数の向上
  • 患者と連携先の満足度の向上
  • 地域医療連携室の業務効率化

実施内容

①地域医療連携室の業務内容の見直し

 

②院内体制(紹介患者受け入れ、長期入院患者の早期退院促進)の構築

 

③紹介数アップに向けての具体的活動の実施支援

 

④紹介元医療機関の満足度向上に向けての活動支援

 

⑤院内・院外広報活動支援

推進体制

地域医療連携室の職員中心で多職種からのメンバーを選出してプロジェクトチームを作り、プロジェクトチーム中心の活動を行います。

改善事例

群馬県B病院の地域医療連携室

 ・クライアントからの依頼:長期入院患者、特に転院対象となる患者の早期退院を促進したい。

 ・課題:「MSWの介入時期が遅い」、「過重な記録業務」、「患者・家族との面談時間確保が難しい」

 ・改善策_取り組み事例:MSWの病棟完全勤務

 

 

改善結果

syukan1

 

syukan2

 

syukan3

効果保証

改善成果がお約束した金額を上回ることを保証いたします。

改善金額がお約束した金額に満たない場合、その未達成金額の比率に応じてコンサルティング費用の返金を保証しています。

Copyright © サイプレス株式会社 All Rights Reserved.[login]