メニュー

倉敷成人病センターでの評価  - 医療,病院,コンサルティング,株式会社サイプレス

実績紹介

クライアントインタビュー

 

倉敷成人病センターでの評価

・ 診療部門(医師)
予想以上のコスト削減ができた。これまで、コスト意識はあったが、具体的に「どの分野に大きな可能性があるのか」また「どんな有効な手法があるのか」が認識できていなかった。皆良く頑張ったと思う。

・ 薬剤部門(薬剤師)
後発品の採用は、薬剤部門が収集した情報に基づき、薬事委員会で検討した。購入金額の低減のみならず、差益も拡大するケースがしばしば見られた。

・ 技術部門(技師)
エビデンスを用いた医療標準化(質に配慮しながら無駄をなくす)とベンチマークを用いた価格交渉の仕方を学んだ。

iv ph kura02

プロジェクト
委員長
副院長(外科医)
飽浦 良和先生

コンサルタントの活用についてどのようにお考えですか?

iv ph kura03

プロジェクト副委員長
企画管理部
サプライ
笠原 典子様

・サプライ部門
事務部門のみの活動では、数万円のコスト削減にとどまるテーマが、医師、看護師など臨
床現場で標準化が進むことによって、数十万円、数百万円の効果となる。

・看護部門(看護師)
今後、継続・拡大していくために、次は、主任・副主任のメンバー構成で病院全体の意識改革につなげたい。

コスト削減実施データ

最近「医療標準化とコスト削減」に取り組まれた10病院のデータは、下記のように分析することができます

  • 薬剤、診療材料、消耗品、委託費などについて、年間換算で、病院1床あたり30万円から40万円のコスト削減ができている。
    ※10病院の平均は、330床で1億2千万円の削減実績
  • サイプレスからの提案(3ヶ月目)段階では、病院支払い費用総額の約10%が削減可能と示され、活動後の評価(12ヶ月目)段階では、支払い総額の約6%が削減実績となっている。
  • 放射線、臨床検査等の実施率(実施金額/提案金額)は高い。
  • 給食(食材)は、地域性、季節性の点でベンチマーク比較が有効に機能しない場合がある。

部門別コスト削減のポイント

事務、委託

委託仕様の明確化、価格ベンチマーク比較
給食 価格ベンチマーク比較(地域性、季節性)、メニューの工夫
放射線 医師と協力(使用製品の選択)、価格ベンチマーク比較
臨床検査 委託費ベンチマーク比較、医師と協力(EBMに基づく検査必要性の見直し)
診療材料(手術) 医師・看護師・購買が協力(EBMに基づく製品の統合)、価格ベンチマーク比較
看護 使用製品の標準化、統合
薬剤 医師・薬剤師が協力(ガイドライン設定)
  1. 使用量…抗生剤の予防投与など
  2. 優先薬剤に集約
  3. 後発品の使用

コスト削減実績(10病院平均)

医療標準化とコスト削減実績表



  病院名 病床数 提案金額 実施金額 実施/提案
1 A病院 600 ¥488 ¥245 50.2%
2 B病院 300 ¥272 ¥276 101.5%
3 C病院 400 ¥254 ¥125 49.2%
4 D病院 200 ¥148 ¥102 68.9%
5 E病院 700 ¥157 ¥92 58.6%
6 F病院 300 ¥170 ¥91 53.5%
7 G病院 300 ¥178 ¥78 43.8%
8 H病院 100 ¥56 ¥59 105.4%
9 I病院 200 ¥112 ¥56 50.0%
10 J病院 200 ¥185 ¥79 42.7%
  平均 330 ¥202 ¥120 59.6%




iv fig kura01


   

Copyright © サイプレス株式会社 All Rights Reserved.[login]